男は30歳からなんて言うけれど

「男は30歳から」なんていうけれども、正直言って、30歳に入ってからの方が悩みは多い。ハゲ、、、ED、、、婚活、、、、仕事、、、、などなど かなり悩みの幅が広くなっているように思えるのは俺だけだろうか?これらの悩みがない男はそりゃ30歳からだ!なんてこと言えるだろうが、そんな男は そうそういるもんじゃないと俺は思っている。 30代に入ると悩みの質が変わってくる。10代や20代の時のような「将来」と30代の「将来」という言葉では重みが違うと思うのだよ。なんだかんだで、将来 とか言っていた10代、20代の時は現実味がなかった。ないのに将来だなんて言っていたんだ、30代になると将来がすごく現実化してきて具現化されている ような気がして、軽々しく将来○○なんて言えない状況になっていることに気付くのだ!!そして、気づいたときには遅いっていう始末。。。 しかし、俺は思うのだ!!どんな時でも過去を振り返れば「あの時なら、、、あの年齢なら、、、、何でもできた!!」なんて思えるのだけど、これって未来に 当てはめても同じようなことを言っているような気がする。おそらく40歳になって30歳の時のころを振り返れば、あの時なら何でもできた!!なんて言っている んだろうな!だとすれば、今頑張るしかないじゃないか!少しは今日という日をポジティブに生きてみようじゃないか!ってね! とかいって後数時間後には「ハァ~」って深いため息をついているんだろうぜ(笑)

ファッションがどうとかこうとか

歳を重ねていくとどんどん外見を気にしなくなってしまう。でも、それはおかしい?だってハゲなんていうのは外見なんだから!でも、ファッションとかは どうでもよくなって言っている自分はハッキリわかる。この違いはなんなんだろう?ハゲはダメで、ファッションはOKなんていうのは、矛盾している考え かただな。ということで、俺ももう一度ファッションということで息を吹き返そうと思う。そうだ!30代のメンズファッションっていうことだな! 昔とは一風違う男の味を出しつつ、男を磨くというようなコンセプトで行きたいと思う。昔は、いいものを買っていこうと思っていたが、この年になって どんどん安いものでも気に入ったら買っていこうと思う。なんだか渋谷ギャルの考え方に近づいているような発想だが、この動き出しが重要なことなんだと 最近は思うぞ。 動かずにじっとしているようには、動いて失敗しているくらいがちょうどいいのだと思うのだよ。ベタベタだけど失敗を恐れていてはなにもできない。昔は 表面的な意味しかわからなかったけど、今はちょっと深い意味でこの言葉をとらえているツモリだ!!

部屋作りも大切!女が居座る男の部屋ってか?

最近は部屋の模様替えにも凝っている。今でいうインテリアってやつだな。いつなんどきでも女の子がきていいように・・・・ってほとんど来ることはないが もしものためっていうことで!!自衛隊感覚だな!!だが、部屋をそれなりにきれいに保ったり、凝ったりしていると生活が充実してきているような錯覚におち いってくれる。これもけっこー大事だ。要するに、これも動き出しが重要って事だ。 昔は、ワンルームなんだからインテリア家具買ってもしかたないでしょ・・・なんて思っていたが、最近は違う!!っていうかワンルームではないからな!! 部屋作りは心を作るみたいな感じでとらえているのだ!!うさんくせーなんて思うかもしれないが、やってみたらけっこー違うもんなんだよな!!とりあえず、 少しはおしゃれに凝ってみるっていうのは大事なことなんだと思う。 別に女にモテる部屋を作れってことじゃなくて、自分なりのポリシーを持って部屋作りをしてみてはいかがですか?っていう発想な!!これを繰り返すことに 世って不のスパイラルから脱却ができるのだよ!!知らないけど....